Scash

企業-従業員間カーシェアサービス「Scash(スカッシュ)」

1台の社用車をビジネスとプライベートで使い分け
企業-従業員間カーシェアサービス「Scash(スカッシュ)」

当社は、従業員が利用する車両を業務/私用に応じて使い分けるしくみ「企業-従業員間カーシェアリングサービス『Scash』」を開発、サービスを開始しました。

「通勤はマイカー、仕事は社用車」という"常識"を変える

企業で働くビジネスパーソンには「通勤はマイカー、仕事は社用車」と、1人で2台の車両を使い分けることが少なくありません。2台を使い分けることは、企業と従業員の双方に車両の取得や維持のための費用が発生し、状況に応じて車両を乗り換えると言う面倒なこともあり、1台の車両を企業と従業員でシェアしたいという声が多く聞こえていました。
しかし、社用車の私的利用は公私の区分が難しく、燃料代などの費用の精算や事故の責任区分などに課題が多く、「車両を企業と従業員との間でシェアすることは難しい」というのが今までの常識でした。
これらの課題を解決するため、当社は、1台の車両を企業と従業員が効率的にシェアリングできるしくみとしてScashを開発しました。リース車両に取り付けたテレマティクス車載器から送信される車両の稼働データと、スマートフォン/タブレット用アプリの利用データを紐づけることで、公私の利用区分を判定します。

Scashの利用イメージの説明図

Scashの利用イメージ

私的利用はアプリで管理

従業員は社用車を私的利用する際に、専用のアプリを用いて私用のON/OFFを管理できます。Scashは車両の稼働データと紐づけることで利用実態に即した私用分の費用明細を提供します。

Scashはアプリで私用のON/OFFを管理。問い合わせや事故連絡先などもアプリから確認できますのイメージ

Scashはアプリで私用のON/OFFを管理。問い合わせや事故連絡先などもアプリから確認できます

Scashは万が一の事故の際にも公私区分に応じた事故対応を実現します。私用事故のリスクを最小化する保険の提供もあり、企業は安心して従業員に社用車の私的利用を許可することができるようになります。

働き方改革とエコフレンドリーで企業と従業員にとってより大きなメリットに

Scashを導入することで、社用車・マイカーの2台持ちによる車両関連の費用負担が低減するだけでなく、乗り換え時間が減ることで従業員の余裕時間の創出や利便性の向上が図れるといった効果が期待できます。企業が提供する福利厚生として、従業員にも大きなメリットとなります。 また、借上車両からこのサービスを導入し、社用車に切り替えることにより、企業イメージに合致した車種・ カラー選定が可能になります。さらにエコカー導入による環境対策へのアピールもできます。

社用車・マイカーの乗換回避(乗車時間削減)による働き方改革の例の説明図

社用車・マイカーの乗換回避(乗車時間削減)による働き方改革の例

Scashの効果は企業の働き方改革だけにとどまりません。車両が減ることで駐車場代も削減でき乗り換えがなくなることで乗車時間そのものが減少します。渋滞解消効果やCO2の削減など、エコフレンドリーな効果も兼ね備えた新たなサービスです。

次世代テレマティクス「SMAS-Smart Connect」

ドライバーごとのヒヤリハットマップや運転動画の自動配信機能に加え、カルテ活用による安全運転指導で事故削減に貢献する「SMAS-Smart Connect」は私たちの生活をどう変えるのでしょうか。

詳しく見る

企業-従業員間カーシェアサービス「Scash(スカッシュ)」

働き方改革とエコフレンドリーを実現するシェアリングサービス「Scash」。1台の社用車をビジネスとプライベートで使い分ける企業-従業員間カーシェアサービスの魅力に迫ります。

詳しく見る

ドライブレコーダー 動画解析ソリューション「RISCOVER®」

人が起こす危険運転行動を、AIを用いた専用システムで解析、事故の未然・再発防止を可能にする動画解析ソリューションサービス「RISCOVER®」の提供が始まりました。

詳しく見る

  • 住友三井オートサービスが必要とされる理由
  • 住友三井オートサービスは国内外のグループ会社で約98 万台の車両と、4万社以上のお客さまの移動をサポートしています。
  • 詳しく見る