私たちは、経営理念の中で「クルマ社会の発展と地球環境の向上に貢献」することを掲げています。
時代の変化を取り込み、新たな価値を創造・提供し続けるため、人権尊重を基本姿勢とし、その責任を果たすことが重要だと考えます。

基本方針

私たちは、人権尊重の取り組みにあたって適用される各種法令を遵守するとともに「国際人権章典」および「国際労働機関」等の国際基準を尊重、支持します。また、「国連グローバル・コンパクト10原則」に賛同し「ビジネスと人権に関する指導原則」に基づいて活動します。グループすべての役職員が人権尊重の責任を果たすよう努めるだけでなく、サプライヤーを始めとする取引先や事業パートナーに対し、本方針への賛同と理解、実践を求め、関与するバリューチェーンにおいて、ともに人権尊重を含む社会的責任を果たすよう働きかけていきます。

法令等の遵守

私たちは、グループ全体の事業活動において、関連する国・地域の法令を遵守します。国際的に認められた人権と各国法の間に矛盾がある場合においては、国際的な人権規範を尊重するための方法を追求します。

人権デュー・デリジェンス

私たちは、人権デューデリジェンスの取り組みを通じて人権への負の影響を特定し、その防止、または軽減を図るよう継続的に努めます。また、人権侵害が発生した場合は、適切な救済措置を講じます。

ステークホルダーとの対話

私たちは、関連するステークホルダーとの対話を通じて、人権尊重の取組みの向上と改善に努めます。

教育・啓発

私たちは、人権方針が理解され、効果的に実施されるよう、グループの役職員全員に対し、適切な教育・啓発に取り組みます。

関連コンテンツ