SMAS-Smart Connect

次世代テレマティクス『SMAS-Smart Connect』

次世代テレマティクス「SMAS-Smart Connect」がつなぐ、モビリティの未来

住友三井オートサービスは、2019年に次世代テレマティクスサービス(*)として、従来の運行管理・交通事故削減サポートに加え、車載器からの取得データを活用した新しいサービス「SMAS-Smart Connect」の提供を開始しました。

(*)テレコミュニケーション(Telecommunication=通信)とインフォマティクス(Informatics=情報工学)から作られた造語で、移動体に携帯電話などの移動体通信システムを利用してサービスを提供することの総称。

コネクティッドの先にある先進的なモビリティサービスの提供へ

ドライブレコーダーを始めとした車載器の搭載率は年々増加傾向にありますが、車載器から日々取得される走行データを十分に活用できている企業は少ないのが現状です。

新たなテレマティクスサービス「SMAS-Smart Connect」は、車載器の取得データを活用した社用車管理の高度化とスムーズな移動体験をお客さまへご提供致します。

マルチデバイスにより、幅広いニーズに対応可能

「SMAS-Smart Connect」は、車載器本体を用途に応じて選択することが可能です。

小型で取り付けが簡単な「ベーシック」、高画質なカメラで危険運転発生時の動画を自動アップロードする「アドバンス」、デバイスをシガーソケットにセットするだけで利用可能な「SmartDrive Fleet」の3タイプをご用意しています。

「SmartDrive Fleet」は取付工事不要、「ベーシック」「アドバンス」は短時間で取付け可能なため、既存のリース車両にも導入しやすくなっています。

SMAS-Smart Connectのデバイスラインナップ

車両の位置情報をリアルタイムで管理。事故発生時は管理者に自動連絡

「SMAS-Smart Connect」は、車両の位置情報と共に事故や違反に繋がる危険運転をリアルタイムで一括管理できるだけでなく、その場でドライバーへの注意喚起をすることで、事故削減にも大きな効果が期待できます。

また、車両の運行状況を見える化できるため、緊急時の呼び出し対応や災害時の場所特定も容易になります。

加えて、ドライバー或いは車両ごとに日報/月報が自動作成され、業務負荷の軽減や車両の予約状況が簡単に確認できるため、限られた車両を複数の運転者が効率よく使用でき、コスト削減や業務効率化にも繋がります。

車両毎の予約状況確認画面
運転者毎の予約状況確認画面

時間単位の予約状況を一目で確認することができます。

 

運転動画や運転スコア活用による安全運転指導で事故削減効果も

ベーシック及びアドバンスでは、ヒヤリハットマップ作成や危険運転発生時のメール通知機能、音声ガイダンスを持っており、SmartDrive Fleetでは、ドライバーの運転挙動から運転スコアを確認することができます。

安全運転に関する運転評価を行い、社内での安全運転指導ツールとして利用可能です。

<ベーシック/アドバンス>管理画面から危険挙動発生時映像を確認

<ベーシック/アドバンス>管理画面から危険挙動発生時映像を確認することができます。

<SmartDrive Fleet>ドライバー毎の走行履歴と運転スコアの確認画面

<SmartDrive Fleet>ドライバー毎の走行履歴と運転スコアを確認することができます。

  • 住友三井オートサービスが必要とされる理由
  • 住友三井オートサービスは国内外のグループ会社で約98 万台の車両と、4万社以上のお客さまの移動をサポートしています。
  • 詳しく見る