よくあるご質問

カーリース(オートリース)全般

  • Q

    カーリース(オートリース)とは何ですか?

    • A

      カーリース(オートリース)とは、お客さまが希望されるクルマを、リース会社がお客さまに代わって購入し、長期間一定のリース料で賃貸するシステムです。クルマを「所有しているのと同じように使用」できます。

      ※自動車検査証(車検証)上の所有者名義はリース会社となります。

      【詳しくはこちらへ】

      カーリースの仕組みと種類

    • Q

      レンタカーとリース車、どこが違いますか?

      • A

        レンタカーの場合、一般的にはレンタカー会社の用意したクルマをそのまま選び、短期間借りることになります。カーリース(オートリース)の場合は、車種、グレード、装備、車体色などお客様のご希望に応じたクルマを長期間ご使用いただけます。

        リース車 レンタカー
        期間 長期(年単位、2年以上) 短期(時、日、週、月)
        所有者名義 リース会社 レンタカー会社(リース会社の場合有り)
        使用者名義 ご契約者(お客様) レンタカー会社
        利用者 特定(ご契約者) 不特定多数のユーザー
        ナンバープレート 区別無し 「わ」ナンバー(北海道「れ」)
        利用料金 月額が割安 月額では割高
        オプション お客様の要望通り 原則的に装備不可能
    • Q

      カーリース(オートリース)とオートローン、どこが違いますか?

      • A

        ローンは購入資金を借りることで、リースはクルマそのものを借りる方式です。
        カーリース(オートリース)には、クルマの所有者であるリース会社によるさまざまな付加価値が付いています。

    • Q

      購入とリースの違いは何ですか?

      • A

        購入(自社保有)とリースの比較図をご参照ください。
        【詳しくはこちらへ】

        カーリースの仕組みと種類-■カーリースの仕組み

        なお、リース導入により、車両管理事務の削減が可能となるため、そのような間接的に発生するコストを考慮すると、大幅な業務の効率化が実現可能という意味では、リースの方が有利と言えます。

    • Q

      どんなクルマでもリースできますか?

      • A

        あらゆる車種がご利用いただけます。国内メーカー・海外メーカーの乗用車、物流に不可欠なトラック、バン、バスはもちろん、特装自動車・フォークリフト・冷凍車といった特殊・大型自動車でもカーリース(オートリース)は可能です。カラー指定、ご希望のオプションの装着はもちろん、マーク・社名も入れることができます。

        【詳しくはこちらへ】

        トラック・バス・タクシー

    カーリース(オートリース)の導入から満了まで

    • Q

      所有しているクルマを、リースに切り替えられますか?

      • A
        「リースバック方式」の場合、現在ご使用中のクルマを当社が帳簿価格で買い取り、リース車とした上で、そのまま継続してご使用いただけます。
    • Q

      リース期間は選べますか?

      • A
        お客さまの社内規程や、クルマの車種・用途・使用年数や車検サイクルに合わせ、経済効率の良い期間をお選びいただけます。 ※ただし、一部税法上の制限があります。
    • Q

      リース期間が終わるとどうなりますか?

      • A
        1~2年の再リース契約の上、引き続き同じクルマをご利用されるか、あらたにリース契約の上、新車にお乗り換えができます。クルマをご利用されない場合には、オートリース期間終了後、当社までご返却いただきます。
    • Q

      リース期間満了による車両返却時の注意点は何ですか?

      • A
        • リース車の引き取りは原則として、代替車両納入ディーラーもしくは陸送業者等の引取業者が行います。
        • 車検証・自賠責証明書・メンテナンスノート・ジャッキ・スペアタイヤが搭載されていることをご確認の上、引取業者にお渡しください。
        • ご契約車両がスタッドレス(冬タイヤ)交換を含んでいる場合は、保管いただいているラジアル(夏タイヤ)若しくはスタッドレス(冬タイヤ)を搭載してご返却ください。ただし、タイヤ保管特約を含んでいる場合は、リース満了時あるいは中途解約時に当社にて廃棄処分します。
        • ガソリンカード・名刺などの車内置き忘れにご注意ください。引取後の発見が極めて難しくなります。
        • ご契約車両は、破損のない良好な状態でご返却ください
    • Q

      リース契約の途中で解約できますか?

      • A

        原則としてお客さまからの中途解約はできません。
        ただし、全損事故による滅失など、やむを得ない事由があると当社が認めた場合は、中途解約金をお支払いいただくことで、解約することが可能となります。

    リース料について

    • Q

      カーリース(オートリース)のリース料はどのようにして決められますか?

      • A

        リース料の算出には、お客さまご要望の車種・特別仕様・付属品・保険内容(保険金額・割引率等)・メンテナンスの内容、さらにはお客さま企業の業種・用途・使用目的などによる残存価格への影響なども配慮した上で決定します。また、リース契約期間やリース契約方式(メンテナンスリースかファイナンスリースか)など、諸々の要件をお客さまと確認しあった上で最終的に決定します。したがって、リース料金は、その都度お客さまの設定した要件によって計算されますので「リースには定価がない」と言うことができ、同一車種・同一期間であってもリース料が異なるケースがあります。

    • Q

      リース期間中にリース料が変更されることはありますか?

      • A

        当社側の都合によりリース料を変更することはありません。
        ただし、以下の理由などで費用の追加が見込まれる場合は、差額分をご請求させていただくことがあります。

        • お客さまのご都合で、自動車の改造または備品の取り付けなどを、当社の了承のもとに行う場合。
        • 法令の変更による自動車の仕様変更、整備、部品の追加など、リース料を構成する原価に著しい変動があった場合。
        • メンテナンス契約で、当初のメンテナンス項目に変更を生じた場合。
        • 自動車諸税・自動車保険・自賠責保険などの当初契約条件に変更があった場合。
        • リース契約期間の変更をした場合。
    • Q

      再リース時のリース料はどのように決められますか?

      • A

        再リースに係わる諸コストが、再リース料を算出する基礎額になります。
        具体的には、以下のような項目が挙げられます。

        • 再リース時の車両価格(前契約残価-本再リース残価)
        • 再リース期間中に必要な自動車諸税
        • 自動車保険料
        • 保守管理費用

        なお、車両の保守管理費用は一般的に年数とともに増加するため、新車に入れ替えた方がリース料が低くなる場合があります。

    契約手続・内容変更について

    • Q

      リース車の使用場所を変更したいのですが、何か手続が必要ですか?

      • A

        リース契約内容や担当メンテナンス工場の変更手続きが必要になりますので、事前に当社へご連絡ください。また、車庫法および道路運送車両法により、新しい車庫の確保と車検証上の使用地登録変更が必要となります。
        【詳しくはこちらへ】

        陸送・登録変更サービス

    • Q

      リース契約の際には、車庫証明は必要ですか?

      • A

        通常の購入と同様、カーリース(オートリース)はリース車においてもクルマの登録時、車庫証明が必要となります。お客さまにて適切な保管場所の確保をお願いします。

    メンテナンス・事故対応について

    • Q

      メンテナンスや事故の問い合わせは、どこにしたら良いですか?

      • A

        全国に13拠点あるCSC(カスタマーサポートセンター)の中から、最寄りのCSCへご連絡ください。
        【サービスのイメージはこちら】

        メンテナンスサービスの構成

        【拠点一覧はこちら】

        拠点一覧

    • Q

      リース車の点検はどこで受ければいいですか?

      • A

        メンテナンスリースご契約車両は、あらかじめ設定した担当メンテナンス工場で対応します。メンテナンス契約内容の範囲であれば、カーリース(オートリース)中の車両をお持ち込みになるだけで別途費用はかかりません。ファイナンスリースご契約車両は、お客さまご自身でご手配いただきます。

    • Q

      メンテナンスリース契約にした場合、メンテナンス工場の設定はどのようになりますか?

      • A

        クルマの使用場所、使用車種などを考慮の上、当社の基準を満たした推奨工場をご紹介します。

    • Q

      遠隔地、土曜・休日・夜間に故障や事故を起こした場合はどうすれば良いですか?

      • A

        メンテナンスリース契約のお客さまにつきましては、緊急時のフリーダイヤルサービスをご利用ください。
        現場近くの整備工場、ディーラー工場、ロードサービスなどのご案内をします。
        なお、高速道路内では、専用の非常電話をご利用いただき、係員の指示に従ってください。

    • Q

      メンテナンスサービスには代車は含まれますか?

      • A

        ご契約内容により代車の提供条件が異なります。
        お客さまのご要望に応じた豊富な代車メニューを用意しております。
        【詳しくはこちらへ】

        メンテナンスサービスの構成

    • Q

      オフシーズンで使用しないタイヤを保管してもらえますか?

      • A

        タイヤ保管サービスの特約を用意しております。交換時期に合わせて、担当メンテナンス工場へ配送します。タイヤ管理業務の軽減と、タイヤ保管コストの削減を実現します。
        (※本サービスは、メンテナンスリース及びメンテナンス・マネジメント・サービスの特約としてお引き受けします)
        【詳しくはこちらへ】

        タイヤ保管サービス

    • Q

      社内の自動車事故を削減したいのですが。

      • A

        お客さまの自動車事故の実態に合った、安全運転マネジメント体制の確立および効果的な運用の実現に向け、現状の管理体制診断をします。多彩なソリューションツールから最適なものをご提供し、総合的に事故削減サポートします。
        【詳しくはこちらへ】

        リスク・マネジメント・ソリューション

    保険について

    • Q

      リースに切り換えた場合、従来の保険会社、保険代理店はどうなりますか?

      • A

        事故削減計画の作成に機動的に対応でき、また全国対応可能な体制を整えている意味で、当社指定の保険代理店をお勧めします。ただし、個別のご事情につきましては柔軟に対応させていただきます。

    • Q

      自動車保険の優良割引やノンフリート等級別料率はリースに切り換えても適用されますか?

      • A

        フリート契約の場合、リース車に切り替えても現在適用されている優良割引率がリース車両にも適用されます。リース会社が保険契約者になる場合でも、契約者であるお客さまの優良割引率が適用されます。
        ノンフリート契約の場合も、リース車に切り替える場合、基本的に同じ用途・車種の車両間の入れ替えであれば、現在適用されているノンフリート等級別料率がそのまま継承されます。

    その他

    • Q

      現在保有している車両を引き取ってもらえますか?

      • A

        お客さまで不要になった余剰車両を当社が買い取りします。社名・看板は消去した上で転売します。また完了後は所有権移転後の車検証の写しを提出します。
        【詳しくはこちらへ】

        中古車買取サービス

    • Q

      フォークリフトもリースできますか?

      • A

        フォークリフトのリースも行っております。フォークリフトには、労働安全衛生法で規定されている検査の実施や運転技能資格があり、クルマ同様に厳しい管理体制を構築する必要があります。当社は業界に先駆け、カーリース(オートリース)同様のサポート体制を実現致しました。全国のメーカー系販売会社とのメンテナンス工場ネットワークも構築しております。
        【詳しくはこちらへ】

        フォークリフトメンテナンスリース

    • Q

      カーリース(オートリース)事業を始めてみたいのですが、どうすれば良いですか?

      • A

        住友三井オートサービスでは全国的に代理店を募集しております。万全のサポート体制で貴社のカーリース(オートリース)事業を立ち上げ、運営をバックアップします。
        【詳しくはこちらへ】

        代理店を始めようとお考えの方

    進化するモビリティサービス

    住友三井オートサービスが必要とされる理由