格付情報

格付機関名

格付投資情報センター(R&I)

格付理由

自動車リース大手。住友商事およびSMBCグループとのリース共同事業の再編に伴い、2019年1月に三井住友ファイナンス&リースが資本参加するとともに、SMFLキャピタルの自動車リース部門(現SMASフリート)を譲り受けた。住友商事は引き続き筆頭株主としてサポートしており、住友商事の営業基盤や経営資源を活用できる点は住友三井オートサービス自体の営業基盤の評価に織り込んでいる。

業界トップの管理保有台数を持ち営業基盤は強固である。再編により管理保有台数は約98万台(子会社・関連会社含む)となった。個人向け自動車リースの浸透に伴って、傘下のセディナオートリースを中心に個人分野も増えている。高い市場地位に加え、サービス・整備工場網、システム基盤が差別化につながっている。新技術に対する投資や、自動車メーカーと組んで新会社を設立するなど動きも出てきた。今後も強固な営業基盤は維持されよう。

資本が厚いことに加え、保有リスクを小さく抑えており、リスク耐久力は格付に十分見合う。車両の回収能力が高く、資産の質も良好だ。自動車リースの特性として経費率はやや高いものの、信用コストの変動が小さく、基礎的な利益によるコスト吸収力は格付に遜色ない。三井住友銀行をはじめ主要金融機関との関係が良好なうえ、株主による流動性サポートも期待でき、資金調達の不安は小さい。

格付対象

2019年03月01日付

名称 格付 格付の方向性
発行体格付 A(維持) 安定的

2019年03月29日付

名称 発行限度額
(億円)
担保・保証等
保証会社等
格付
コマーシャルペーパー 2,400 無担保 a-1(維持)