RISCOVER

ドライブレコーダー 動画解析ソリューション「RISCOVER®」

人が起こす危険運転行動を専用システムで解析、事故の未然・再発防止を可能に
ドライブレコーダー 動画解析ソリューション「RISCOVER®」

当社では、従来お客さま企業における交通事故削減のサポートを様々なソリューションを活用しながら行っています。
この度、交通事故につながる危険な運転行動を、ドライブレコーダーで記録された動画から自動で解析し、分析・レポートとしてお客さまへご提供する、新たなソリューション「RISCOVER®」を開発しました。

事故原因につながる日常の運転行動を可視化する

SMAサポートが処理する有責事故は年間約3万件。その事故原因の約90%は安全不確認などによるヒューマンエラーと言われています。しかし、「スマートフォン・携帯操作」などは、事故原因としてドライバーが申告しないケースがほとんどで、これは車外に向けたドライブレコーダーの映像やテレマティクスから得た運行データからも見えない、埋没されたリスクです。
事故削減を目的としたドライブレコーダーの装着率は年々増えている一方、従来のドライブレコーダーでは主に車外の映像を確認するため、事故が発生した際の一時停止ししなかったという事実を確認することはできますが、「なぜ一時停止しなかったのか」という本当の原因を掴むことが出来ませんでした。

当社では、車内の映像に着目し『ドライバーの危険運転行動』を確認し、真の事故原因を明らかにすることが事故防止を進めていくにあたってはまず必要だと考えました。
また、事故のその瞬間にどのような状況であったかだけでなく、ドライバーが『日常でどのような運転行動をとっているか』を可視化し、改善を促すことで事故の再発防止だけでなく未然防止につなげることができると考えました。
しかし、「日常の運転」を見るためには、常時記録された動画データを人が目で見て解析する必要があることから、膨大な時間を費やしていました。それを「RISCOVER®」ではAI技術を活用した専用システムにより、効率的に解析することが可能となりました。

解析の対象となるのはヒヤリハット発生時のものではなく、常時録画された運転映像。その中から危険な行動の頻度を検出し、その習慣性を見ていくことで、ドライバーの潜在リスクを確認します。の説明図

解析の対象となるのはヒヤリハット発生時のものではなく、常時録画された運転映像。その中から危険な行動の頻度を検出し、
その習慣性を見ていくことで、ドライバーの潜在リスクを確認します。

独自のアルゴリズムで危険運転行動を解析

「RISCOVER®」は、株式会社ディジタルメディアプロフェッショナルが提供する、画像分類エンジン「ZIA Classifier」(特許第6132996号)を採用しており、画像やビデオなどのデータの中に何が写っているのかを効率的に判別することが可能です。
その結果、長時間の運転映像の中からスマートフォン利用やわき見などの、事故につながる危険運転行動を効率的に判断できるようになりました。

危険行動の見られる場面を、専用システムが解析・検出。長時間の運転映像でも2時間程度で解析からレポート作成まで完了します。の説明図

危険行動の見られる場面を、専用システムが解析・検出。長時間の運転映像でも2時間程度で解析からレポート作成まで完了します。

RISCOVER®では、危険行動が見られた場面の動画に加え、日時やそのときの車の速度情報などをまとめた運転診断レポートを作成しご提供しています。
レポートの中には、なぜ危険なのかといったポイントやその改善策についても記載をしており、お客さまの社内でそのまま安全運転指導に活用頂ける内容になっています。また、運転動画やレポートを元に弊社が安全運転指導や、改善策の検討をサポートすることも可能です。

運転診断レポートの説明図

事故多発ドライバーの91.2%に再発防止効果、新入社員の事故発生率は3/4に減少

実際に運転動画を活用した安全運転指導を行っている企業では事故の未然・再発防止の成果をあげています。あるお客さま企業では、過去1年間に複数回の事故を起こした事故多発ドライバーを対象に実施したところ45人中41人がその後無事故となり、事故再発の抑制に成功しています。また、入社1年目の新入社員を対象に実施した企業では、事故率が3/4に減少するなど大幅な改善に役立っています。
実際の自身の運転行動の映像を用いた安全運転指導は、ドライバー本人への気づきを促すことができ、より高い効果が期待できます。
人が起こす事故への具体的な対策は、事故削減を含め多くの企業において重要な経営課題の一つであり、「RISCOVER®」は交通事故の防止や再発リスクの低減に貢献出来るサービスです。
今後も、交通事故のないクルマ社会の実現に向け、最新の技術も活用しながらお客さま企業の交通事故削減のサポートをおこなっていきます。

次世代テレマティクス
「SMAS-Smart Connect」

ドライバーごとのヒヤリハットマップや運転動画の自動配信機能に加え、カルテ活用による安全運転指導で事故削減に貢献する「SMAS-Smart Connect」は私たちの生活をどう変えるのでしょうか。

詳しく見る

企業-従業員間カーシェアサービス
「Scash(スカッシュ)」

働き方改革とエコフレンドリーを実現するシェアリングサービス「Scash」。1台の社用車をビジネスとプライベートで使い分ける企業-従業員間カーシェアサービスの魅力に迫ります。

詳しく見る

ドライブレコーダー 動画解析ソリューション「RISCOVER®」

人が起こす危険運転行動を、AIを用いた専用システムで解析、事故の未然・再発防止を可能にする動画解析ソリューションサービス「RISCOVER®」の提供が始まりました。

詳しく見る

  • 住友三井オートサービスが必要とされる理由
  • 住友三井オートサービスは国内外のグループ会社で約98 万台の車両と、4万社以上のお客さまの移動をサポートしています。
  • 詳しく見る