CSRトップメッセージ

露口 章代表取締役社長の写真

今般、世界はテクノロジーの発展とともにパラダイムシフトを迎え、クルマの存在価値も変わってきています。クルマを所有することが当たり前の時代は、どんなクルマに乗るのかという点に価値が置かれていましたが、IoTやAI技術の急速な進化とともにシェア文化が世の中に浸透し、クルマは「所有するもの」から「使用するもの」へと大きく変化しています。こうした流れを受け、お客さまの環境やニーズも変化していくと予想し、未来に向かうお客さまへ新たな価値を提供することは持続可能な社会の実現につながると考え、当社はオートサービスから「モビリティサービス」への進化を目指しています。当社が目指すその根底には、経営理念のMissionに掲げる「お客さまの声とスピードを重視し、お客さまから支持される新たな価値と進化するサービスを提供し続ける」があります。この理念は当社が社会課題に向き合い、モビリティサービスへ進化を目指す原動力であり、変わらない遺伝子です。

当社は、これまで自動車リース(オートリース)を主軸に、クルマを安心・安全かつ効率的に使用するためのさまざまな価値をご提供してきました。その結果、お客さま、お取引先、株主、社員、社会の皆さまといった当社のステークホルダーに認めていただき、業界トップ企業に成長することができました。ステークホルダーの皆さまに改めて感謝をするとともに、当社はこれからも社会とともに持続的に成長するために、事業活動を通じて影響を及ぼす範囲に責任ある対応をするとともに、環境に配慮した行動の徹底に努めてまいります。

また、当社は2014年に署名した「人権」「労働」「環境」「腐敗防止」に関する10原則を定めた「国連グローバル・コンパクト」を遵守し、豊かで持続可能な社会の実現と、当社の持続的な成長の両立を実践します。ステークホルダーの皆さまには引き続きご理解、ご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

住友三井オートサービス株式会社
代表取締役社長

露口 章