沿革

住商オートリース株式会社
1981年2月 住友商事株式会社の出資により設立
1985年1月 エス・エー・エル株式会社設立
1998年8月 店頭市場に株式を公開
1999年3月 スぺイス・ムーブ株式会社設立
2000年4月 出光興産株式会社の系列子会社
アポロサービス株式会社より自動車リース事業を譲り受ける
2000年12月 東京証券取引所市場第二部に上場
2002年3月 東京証券取引所市場第一部に上場
2003年2月 川商ラビエ株式会社の発行済み全株式を取得
社名を川商オートリース株式会社に変更
2003年3月 Sumisho Auto Leasing International Co., Ltd(略称SALI)設立
2003年4月 クボタリース株式会社の発行済み全株式を取得
2004年4月 川商オートリース株式会社を吸収合併
2005年8月 住友商事株式会社の完全子会社化
(同年7月東京証券取引所上場廃止)
2006年4月 エス・エー・エル株式会社を吸収合併
2007年7月 カーズ・イット株式会社の株式を住友商事株式会社から取得し、子会社化
2007年9月 カーズ・イット株式会がSMAサポート株式会社に商号変更
吸収分割により、カード事業・保険代理店事業等をSMAサポート株式会社に継承
三井住友銀オートリース株式会社
1995年1月 住銀リース株式会社の自動車リース部門が分離独立し、住銀オートリース株式会社設立
2002年9月 住銀オートリース株式会社がマツダオートリース株式会社を子会社化
2002年10月 住銀オートリース株式会社が三井オートリース株式会社と合併し、三井住友銀オートリース株式会社に商号変更
2003年10月 三井住友銀リース株式会社の完全子会社化
2007年8月 株式会社三井住友フィナンシャルグループの完全子会社化
住友三井オートサービス株式会社
2007年10月 住商オートリース株式会社と三井住友銀オートリース株式会社が合併し、住友三井オートサービス株式会社設立
2008年1月 吸収分割により、メンテナンスサービス事業をSMAサポート株式会社に継承
Sumisho Auto Leasing International Co., Ltd.がSumitomo Mitsui Auto Leasing & Service (Thailand) Co., Ltd.に社名変更
2009年3月 株式会社エース・オートリースの株式を取得し、子会社化
2010年3月 クボタリース株式会社の全株式をSMAサポート株式会社に売却
2010年4月 吸収分割により、クボタリース株式会社の自動車リース事業を当社に継承し、社名をSMAエステート株式会社に変更
(SMAエステート株式会社は2012年2月に清算結了)
2010年7月 吸収分割により、SMAサポート株式会社のメンテナンスサービス事業を当社に承継
2011年11月 日立キャピタルグループとの業務提携につき、最終契約を締結
2012年2月 日立キャピタルグループとの資本提携完了
2013年4月 Summit Auto Lease Australia Pty Limited の株式を取得し、子会社化
2013年11月 SMAS Auto Leasing India Private Limitedを設立
2014年9月 SMAS Auto Leasing India Private LimitedがCarzonrent Private Limitedの自動車リース事業を買収
2016年9月 株式会社セディナオートリースの株式を取得し、子会社化
2019年1月 SMASフリート株式会社の全株式を取得し、子会社化