カーリースの住友三井オートサービストップ  >  法人のお客さま向けカーリース  >  カーリースとは  >  カーリースの導入方法

カーリースの導入方法

カーリース(オートリース)の導入方法には「リースバック方式」と「順次切替方式」の2つがあります。

リースバック方式 順次切替方式

リースバック方式

自社保有車をそのままリースに切り替えるシステムです。
車両管理業務を一括してアウトソーシングできるメリットがあります。
また、帳簿価格での売買となりますので、売却損益も発生せず期間損益にも影響しません。

リースバック方式のメリット

  1. 1. リース開始日から車両管理業務が一挙に軽減。
    煩わしい車両管理業務が解消し、常にメンテナンスの行き届いた車両がご使用になれます。
    また車両に関する費用はリース料に一本化されコスト把握が容易に行えます。
  2. 2. 買取代金は、有効にご活用いただけます。
    当社がお支払いする車両代金は、一時資金として有効にご活用いただけます。
  3. 3. 車両売却損が発生しません。
    車両の売買は、原則としてお客さまの帳簿価格で行いますので、経理処理上の損益には影響がありません。
  4. 4. 切り替え手続き中でも車両はご使用になれます。
    リースへの切り替え手続き中でも、車両はご使用になれますので、業務に支障をきたすことはありません。

ページの上部に戻る

順次切替方式

お客さまの所有自動車をそのままご利用いただき、代替もしくは増車時期到来ごとに順次新車リースへ切り替えていく方式です。

順次切替方式のメリット

  1. 1. リース車が増えていくごとに徐々に管理業務が軽減されます。
  • 住友三井オートサービスが選ばれる理由 5つの理由はこちら
  • カーリースのメリット 人的・資金的負担を大幅に削減いたします 詳しくはこちら
  • 法人向け自動車リース カーリース料金・お見積もり お問い合わせ・お見積もりはこちら
  • 全国の拠点一覧 住友三井オートサービスなら全国の拠点でお客さまをサポートします。 拠点一覧