カーリースの住友三井オートサービストップ  >  会社案内  >  CSRへの取り組み  >  女性活躍推進法に関する行動計画

女性活躍推進法に関する行動計画

1.基本方針

女性社員がモチベーション高く、働きがいを感じながら当社で永続的に就業を続けられるように、本人・管理職の意識付け及び全社的な風土醸成を行うとともに、女性管理職候補となる女性社員を発掘し、意識付け、教育を行います。

ページの上部に戻る

2.計画期間

平成28年4月1日~平成32年3月31日

ページの上部に戻る

3.当社の課題

課題1:
管理職を目指す女性が少なく、管理職に占める女性割合が低い。
課題2:
総合職群において女性の平均勤続年数が男性の70%未満と乖離がある。

ページの上部に戻る

4.目標

目標1:
毎年女性管理職を1~2名登用していく。
目標2:
総合職群の男性平均勤続年数に対する女性平均勤続年数割合を70%以上とする。

ページの上部に戻る

5.取組内容と実施時期

取組1:
女性活躍推進に関する風土醸成及び意識改革を図る。
平成28年4月~ 女性活躍推進に関する社員へのメッセージを継続的に発信する。
平成28年7月~ 管理職向けに女性活躍推進に関するセミナーを実施する。
取組2:
階層別にキャリア研修を実施する。
(平成27年11月~ 総合職及び事務職若年層年次を対象にキャリア研修実施)
取組3:
女性管理職候補者の教育
(平成27年11月~ 女性管理職候補となる人材を外部セミナーに派遣実施)
取組4:
女性管理職候補者の採用
平成28年4月~ 女性管理職候補となる人材を外部から採用する。
取組5:
事務職から総合職群への転換の推奨
平成29年4月~ 活躍フィールドを広げる為、事務職から総合職群への転換を推奨する。